子供の好き嫌いをなくすレシピ本

レシピ本

レシピ本について

子供の好き嫌いをなくすレシピ本

何を作っても食べてくれない、嫌いなものをすべて皿からよけて食べるなど、お子さんの偏食に手を焼くお母さんは多いように思います。
『好き嫌いをなくす幼児食』という本を書いたのは、東京家政大学の乳幼児保育研究施設に勤めている加藤初枝さんです。
長年の経験から得た、どうすれば子供が食事をしてくれるのかという視点から生まれたレシピが掲載されています。
本書によれば、子供に食べさせるものは、調理の仕方が大事なようです。
子供が苦手な野菜を食べやすくするための切り方、肉を食べやすくするための煮込み方、魚を食べやすくするための香辛料の使い方など、工夫すべきポイントが解説されています。
レシピだけだと応用がききませんが、この本には考え方からのっているので役立つでしょう。
「本を参考にして料理を作ってみた」とおっしゃるお母さんから、「子供が食べてくれるようになった」との感謝のコメントが多数寄せられています。
調理の仕方で悩んでいるお母さん必見のレシピ本です。